北沢内科クリニック

循環器科

循環器科
心臓及び血管に生じる病気を循環器疾患といいます 心臓の病気の症状として、特徴的な胸の痛み(締め付けられるような痛みで狭心痛と呼ばれます)、心臓の打ち方が遅くなったり、早くなったり不規則となること(不整脈)で感じる動悸や心臓の働きが悪くなって起こる(心不全)息切れ、疲労感、むくみなどがあります。 足の動脈が詰まってくると下肢の冷感、間欠性跛行(痛みのため歩けなくなる)がみられ、更に進むと皮膚の変色や足の潰瘍・壊死を起こします(閉塞性動脈硬化症)また大動脈瘤、大動脈解離は突然の痛みで発症し、重篤となることがあります。
胸の痛み・動悸・むくみなどは心臓の病気が考えられ、急を要する病気が少なくありません。早めの受診を行ってください循環器の疾患は動脈硬化に基づいて生じてくるので生活習慣病の管理が大切となります。 主な検査として以下のようなものがあります。

心電図

オーソドックスな安静時の心電図です。不整脈や虚血性変化が解ります

ホルター心電図

不整脈や狭心症の疑いの方に24時間心電図を付けて、普段通りの生活をしてもらいます。波形に異常が出ないかをチェックして分析します。

頸動脈超音波

頚部に超音波の探触子を当てて、頚動脈にプラークがないかを見ます。また動脈硬化度の指標として内中膜肥厚(intima-media thickness:IMT)を計測します。
北沢内科クリニック

〒186-0001
東京都国立市北 1-7-4 国立HAUS
TEL 042-575-2411TEL 042-575-2411

木曜・日曜・祝祭日休診
※往診も承ります

診断のご案内
一覧
2018.07.17
8月の休診のお知らせ
2018.04.20
診療時間変更のお知らせ