北沢内科クリニック

消化器科

消化器科
消化器系の病気の症状では食欲不振、ゲップ、むねやけ、吐き気・嘔吐、腹痛、おなかが張る、便秘・下痢など多くの症状がありますが、沈黙の臓器と呼ばれる肝臓やガンの初期では症状がなく、検査で初めて見つかることがあります。

主な検査では

  • 消化管(食道・胃・腸)の検査では内視鏡検査があります。最近では鼻から挿入して行なう内視鏡検査があり患者さんの苦痛が軽減されています。
  • 胃・十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌の検査があります。
  • 肝臓・胆のう・すい臓の検査では画像診断が役立ち超音波検査・CT検査・MR検査などがあります。
  • また血液で肝機能、肝炎ウィルスの検査があります。

主な病気では

胃食道逆流症(GERD)

胃の内容物が食道へ逆流することによって起こります。症状は胸やけ(胸骨の後ろに焼けるような感じ)や呑(どん)酸(さん)(口の中まで酸っぱい水が上がる感じ)がみられます。 内視鏡で食道に炎症がみとめられるものは逆流性食道炎と呼ばれます。

胃炎

胃炎は「何となく胃の調子が悪い」というような時によく使われる病名ですが、診断は内視鏡検査で行なわれます。原因としては不規則な食事・アルコール・ストレス・薬などがあります。

胃・十二指腸潰瘍

症状としては空腹時に心窩部(みぞおち)が痛み、何か食べると軽快するのが特徴的です。合併症として胃穿孔、出血があり手術が必要となることがあります。特に出血は脳梗塞の予防や心疾患で抗凝固療法(血液が固まりにくくする)を受けている人は注意が必要です。ピロリ菌の感染が原因の場合は除菌することによって治ります。

ポリープ(胃・大腸および胆のう)

胃・大腸のポリープは症状がなくても内視鏡検査で見つかることがあります。小さいポリープは内視鏡的に採ることができます。悪性のポリープもあります。胆のうにもポリープができることがあり、症状がなくても超音波検査でみつかることがあります。

機能性ディスペプシア・過敏腸症候群

胃腸の検査では異常がなく、ストレスが主な原因と言われています。症状は機能性ディスペプシアでは胃のもたれ、吐き気、胃の痛みなどがみられます。通勤途中や緊張した時に急な腹痛、下痢が起きるようなことが続く時は過敏腸症候群が疑われます。

クローン病、潰瘍性大腸炎

ともに特発性炎症性腸疾患と総称され原因が不明の疾患です。若年で発症して長期に 亘る継続的治療が必要となります。

肝炎

多くはウィルスの感染が原因でA・B・Cの3種類のウィルスがあります。
【A型肝炎】
調理が不十分な二枚貝(特にカキ)の摂食が原因となります。症状として 全身倦怠感、吐き気、黄疸などがみられますが殆どが治癒します。まれに劇症肝炎が起こります。予防にはワクチンがあります。
【B型・C型肝炎】
輸血や医療行為による感染がみられましたが、現在ではそれらによる感染は殆どみられなくなっています。B型では母から子への感染もワクチン等によって防げるようになっています。一方で性交渉による感染が問題となって来ています。本邦ではウィルス保菌者はB型130万人、C型170万人と推定されていています。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれウィルスに感染していても気づかないで肝硬変・肝癌へと進行することがあります。ウィルスを体内から取り除く新しい治療が進歩してきています。過去に輸血や血液製剤の投与を受けた人は肝炎ウィルス検診を受診してください。

胆石症

胆石は女性で肥満のある中年の方にみられると言われています。 症状としては「胆石発作」と呼ばれる強い上腹部痛で、胃痙攣と呼ばれる急に起こる激しい痛みの原因が胆石によることがあります。胆石が胆管(胆汁が流出する管)に詰まると痛み、黄疸や発熱が見られます。 治療では腹腔鏡でおなかを大きく切らないで胆石を取り除く方法があります。 人間ドックや健診での超音波検査で無症状の胆石が見つかることがあります。

膵炎

急性膵炎は胆道疾患および長期にわたる大量のアルコール摂取が誘引になります。また中性脂肪が極端に高いと発症することがあります。活性化された膵酵素(蛋白を分解する酵素)によって組織が壊されます。 主な症状は上腹部痛、背部痛、吐き気・嘔吐などです。膵臓壊死を起こして重篤となることもあります。診断は血液検査(膵アミラーゼ、膵リパーゼ)、画像診断等によります。

悪性疾患

消化器系のどこの部位でもがんは発生します。胃がんは全悪性腫瘍の中で2番目に多く、大腸がんも増えてきています。初期には症状もなく早期発見にはがん検診を受けましょう。何らかの消化器症状があれば、特に便に血が混じったりしたら、早めに検査を受けましょう。
北沢内科クリニック

〒186-0001
東京都国立市北 1-7-4 国立HAUS
TEL 042-575-2411TEL 042-575-2411

木曜・日曜・祝祭日休診
※往診も承ります

診断のご案内
一覧
2018.04.20
診療時間変更のお知らせ
2018.03.19
平成30年度予防接種のお知らせ